08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

だすふぃーんらいひ

2011/11/20





へんきょーです。





更新は出来る時にしておこう、ということで




PC立ち上げたついでに更新してみます。










この前、おもしろいアニソンアーティストを見つけました。




アニオタのお友達が紹介してくれたんですが、




未来日記というアニメ主題歌の空想メソロギヰをいう曲を唄っている“妖精帝國”という音楽ユニットです。






空想メソロギヰ【通常盤】空想メソロギヰ【通常盤】
(2011/10/26)
妖精帝國

商品詳細を見る







妖精帝國とは・・・





「人間がいつしか忘れてしまった、妖精を信じる純粋な心を思い出してもらう」




という概念の元に活動している、




テクノ、トランス、ゴシック、ヘヴィーロック、クラシックなどの音楽性を融合した音楽ユニット。





(Wikipedia“妖精帝國”ニコニコ大百科“妖精帝國”より)










僕自身はアニソンは割と聞くんですが、アニメに関してはさっぱりなので




アニメの主題歌などは有名どころであっても全然知らなかったり...。






1年ぐらい前、けいおんというアニメを見てみましたが、第1話でダウン・・・。





どーもですね、




ワンピースとかハガレンとかその辺りの少年漫画を元にしたアニメじゃないと見ていられないようです。










元に戻りますが、この妖精帝國というバンド。




妖精を信じる人間が少なくなってしまった現代、




“人間がいつしか忘れてしまった「妖精を信じる純粋な心」を思い出してもらう”






という設定で活動を行っているものの、




一部のアニソンファンはその設定についてやや冷ややかな態度をとっているようで。






そして妖精帝國の終身独裁官ゆい様は




その設定についてライブで言及。












(動画の6:20辺り~)






我が帝國の諜報部にアニメロサマーライブ2009の出演に際して情報収集を命じた。




人間界のインターネットという物を使って情報を収集したのだが・・・。




挙がってきた情報によると、




人間界では我が帝國に対してこんなことをいっている奴らが大勢いるらしい。




「妖精は設定が面倒だからなぁ~。」








(わははははー)





・・・・・・。





一言だけいっておく。




設定など無い!









どこまでも設定を貫くのか!




デーモン小暮閣下や小倉優子なんて目じゃないですね!







ちなみに妖精帝國の終身独裁官ゆい様と同じ容姿・同じ声の持ち主である、




一切キャラ作りしていない伊月ゆい
という声優さんがおられるようですが




別の人ということになっているようです。




つまり別人です。という設定。









あんまりいろいろいうと、妖精帝國の臣民(ファン)である某Kさんに怒られるので




ほどほどにしておきます。。






ですがいま注目のアーティストです。必見。
















ちなみにタイトルはドイツ語で“妖精帝國”。




式典(ライブ)のときにシュプレヒコールとして使う言葉みたいです。







今日はアーティスト紹介だけでおわりー。





スポンサーサイト
13:39 音楽 | コメント(2)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。