10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

だすふぃーんらいひ

2011/11/20





へんきょーです。





更新は出来る時にしておこう、ということで




PC立ち上げたついでに更新してみます。










この前、おもしろいアニソンアーティストを見つけました。




アニオタのお友達が紹介してくれたんですが、




未来日記というアニメ主題歌の空想メソロギヰをいう曲を唄っている“妖精帝國”という音楽ユニットです。






空想メソロギヰ【通常盤】空想メソロギヰ【通常盤】
(2011/10/26)
妖精帝國

商品詳細を見る







妖精帝國とは・・・





「人間がいつしか忘れてしまった、妖精を信じる純粋な心を思い出してもらう」




という概念の元に活動している、




テクノ、トランス、ゴシック、ヘヴィーロック、クラシックなどの音楽性を融合した音楽ユニット。





(Wikipedia“妖精帝國”ニコニコ大百科“妖精帝國”より)










僕自身はアニソンは割と聞くんですが、アニメに関してはさっぱりなので




アニメの主題歌などは有名どころであっても全然知らなかったり...。






1年ぐらい前、けいおんというアニメを見てみましたが、第1話でダウン・・・。





どーもですね、




ワンピースとかハガレンとかその辺りの少年漫画を元にしたアニメじゃないと見ていられないようです。










元に戻りますが、この妖精帝國というバンド。




妖精を信じる人間が少なくなってしまった現代、




“人間がいつしか忘れてしまった「妖精を信じる純粋な心」を思い出してもらう”






という設定で活動を行っているものの、




一部のアニソンファンはその設定についてやや冷ややかな態度をとっているようで。






そして妖精帝國の終身独裁官ゆい様は




その設定についてライブで言及。












(動画の6:20辺り~)






我が帝國の諜報部にアニメロサマーライブ2009の出演に際して情報収集を命じた。




人間界のインターネットという物を使って情報を収集したのだが・・・。




挙がってきた情報によると、




人間界では我が帝國に対してこんなことをいっている奴らが大勢いるらしい。




「妖精は設定が面倒だからなぁ~。」








(わははははー)





・・・・・・。





一言だけいっておく。




設定など無い!









どこまでも設定を貫くのか!




デーモン小暮閣下や小倉優子なんて目じゃないですね!







ちなみに妖精帝國の終身独裁官ゆい様と同じ容姿・同じ声の持ち主である、




一切キャラ作りしていない伊月ゆい
という声優さんがおられるようですが




別の人ということになっているようです。




つまり別人です。という設定。









あんまりいろいろいうと、妖精帝國の臣民(ファン)である某Kさんに怒られるので




ほどほどにしておきます。。






ですがいま注目のアーティストです。必見。
















ちなみにタイトルはドイツ語で“妖精帝國”。




式典(ライブ)のときにシュプレヒコールとして使う言葉みたいです。







今日はアーティスト紹介だけでおわりー。





スポンサーサイト
13:39 音楽 | コメント(2)

確実に人より稼ぐ方法

2011/11/17





どーも、へんきょーです。






さっぱり忘れていたんですが、11月でこのブログ3周年だったみたいです。




前のブログから数えると4年近くいってそーな感じですが、




思えば遠くへきたもんだってやつですかね。






正直いまさら書きたいこともないので




いつ辞めても不思議じゃない状態なのですが。。(¬з¬)ゞポリポリ




まぁでもたぶんね、グダグダ続けていくと思います。










最近は実習があったり、柔道の試合に出たり、バイトが決まったり、




そしてそのバイトの指導役にあたる人が中学時代一緒にめいぽやってた同級生だったり・・・と




試験勉強ばっかの日々でも案外刺激はあるものです。






人間を成長させるのは“刺激”だそうですから、いいことではないでしょーかね。




ちなみに成長に刺激が必要っていうのは精神論の話じゃなくて脳科学的な話みたいです。





生まれたばかりの子を人間の体温と同じ37度に保って、




光や音などの刺激を一切取り除けば脳が完全未発達なままになるんだとか。




まーそりゃそうですけどね。






環境が変わったりして大きな刺激があったとして、




それでいちいち自分が変わってたらそんなの自分が自分じゃなくなるし




簡単に変えられるぐらいなら個性なんてものは存在しないと思うので




芯は芯で保ったままじゃないといけないとは思いますけど。







ちなみにアメリカとかになると、一生のうちに何度も転職するのが普通だそうです。




環境を変えて自分をステップアップさせるってことでしょうか。




そういう状況だと、




日本のように同じ会社にずっと留まっていると保身に走ってるように見えたりするんですかね?




それはそれで一長一短な気も。







自分はどうなることやら。。。。。。




もうね、10年後の自分とか想像つきませんもん。




お金さえあったら一生家でだらだらして過ごしたいぐらいですし...。





こんな自分が社会に出て良いの?とか




やっていける自信ないよなー、とかね。 頭の中はそんなことばっかり。







なんたって、簡単な仕事は簡単には見つかりませんもんね。




そんなの当たり前じゃん。







うちの学校の先生が




「確実に人より稼ぐ方法が1つだけあるよ」とおっしゃってました。





























「人の2倍働けば、2倍稼げるよ。」




だからそんなの当たり前じゃん!!!って。





うーん。 でも結局はそういうことなんかなーって。







何かを切り捨てれば余裕が出てきたりするし、




また目標のモノを得るためには我慢を重ねないといけないし。








まぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




しばらくは現状をキープ出来ればいいかなー。




あれしたいとか、ああなりたいとかいったって




そんなすぐどうにかなるもんでもないですし。






とりあえずは12月初旬のⅡ期試験まで耐え抜きます。





23:17 リアル | コメント(2)

整骨院見学のどうでもいいお話

2011/11/06






oh , yeah!






baby_640_01.jpg








どーも、偏狭です。




微妙にお久しぶりな気がしなくもないです。







今日は先輩様の働いている整骨院の方へ見学へ行って参りました。




その先輩様というのはなんと、、副院長を務めてる方なのです。




・・・・・・とはいっても施術者4名ぐらいなのですが。






日曜日にやってる整骨院自体結構珍しかったりするのですが、




やっぱりいろんなところで他と差をつけなきゃいけないということで・・・大変みたいです。




これだけ接骨院・整骨院があふれてる状況ですとね。






差をつけるといっても機械だとか内装だとかいろいろあると思うんですが、




○○で地域No,1を目指す!! とかそういう系でもいいと思うんですよね。





ほんとに例えばなんですが、




雑誌の数で地域No,1を目指すとかそういうのでもいい気がするんですよ。




いろいろ方向性を見出さなきゃ生きていけないように業界自体がなってきていますから。





今日見学させてもらった整骨院では、




3階建てのビルを貸しきっているのに1階のみ治療院にしていて、




他はスタッフルーム兼、物置みたいな感じでした。





人手が足りないらしいので、もし2階に治療室を作ったとしても人員を割けないらしいのですが、




それならそれでたとえば2階にセルフでコーヒーを注げる溜まり場を作って




中年ぐらいの年齢層の方が来やすいスペースを作るとかでも案外イケるんじゃないかな、とか。




結局地域密着型の整骨院はクチコミが頼みの綱となりますし。





でもそういうのは実際やってみないとデメリットとか見えてき難い感じがするので




難しいのかもしれませんが。。









とかそんなことを見学中に見ていて思ったのですが、




先輩様の整骨院で院長も同じ学校出身者ということもあってか?




機械の取り付け等の手伝いも急遽やらされt、やらせていただきました。




ほんとはやっちゃだめなんですけどね。






それで午前診のみで終了だったのでその後は烏丸の方で院長にご馳走になったのですが、




その昼食の席で院長先生に




「土日なら受付の子おらんから、受付として入ってもらえると助かるんやけど」




的な話があったのですが、、





生憎既に生協の面接予定があるのでーということでお断りに。




出来るなら現場が良いんですけど、これだけ間が悪いとしょうがないですしね。




生協みたいなバイトはいわば学生のうちしか出来ませんから




それはそれで良かったのかな、と。










大体、受付っていうのは可愛い女の子と相場は決まってますからね!!11




第一受付っていう顔でもないし、まず向いてないし、患者さんの顔覚えられないし・・・。グダグダ







つい数年前の自分なんて、




高校を転校してヤンキーばかりの高校に入って浮きまくってて、、




それから間をおかずに専門学校へ入学して、同年代と絡めず年上の人ばかりと話して




1年半経ったいま、よーやくマトモに近づいてきたかなぁ?ぐらいですからね。




成長したなー、ではなくてマトモに近づいてきたかなぁ?ですよ。




いわば専門学校に入って1年ほどはリハビリ期間みたいなもんです。





そんなやつが受付なんて世も末だーってやつですね。









ありがとうー







これでおわります。

































めいぽは?






























!?





























めいぽねたないの?






























なんだと?










そういえばそうだった気もする。




でもそんなのかんk(







ちゃんちゃん。






22:01 リアル | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。